グリーフケア

2014年12月18日 木曜日

病的な悲嘆の例④ 情緒不安定でよくケンカをするようになった少年

病的な悲嘆の例④

父親を亡くしてから子どもが情緒不安定になり、

よく喧嘩をするようになって、学校の成績も急に下がった。

----------


少年院に送られるような子の多くは、幼少期に親を亡くしていたり、

親が蒸発してしまっているケースが多いです。


子どもにとって、親がいないというのは、本当につらいことです。


また、友達が親と仲良くしているのを見ると、

ますますつらくなり、ひねくれてしまったりもします。



このように、嘆きや怒りを抑え切れないと、

周りの人につらく当たるようになり、トラブルを起こしてしまいます。


逆に、嘆きや怒りを自分だけで抱え込んでしまうと、

自分を傷つけてしまうようになります。


→ グリーフケアに戻る



このエントリーをはてなブックマークに追加
Deliciousにブックマーク

投稿者 神愛セレモニー