神愛ブログ

2014年9月11日 木曜日

知ってて良かった、相続の節税対策! 税理士によって異なる評価額

2015年の相続から相続税の法律が変わり、
今までよりも広い範囲の人が課税対象になってしまいます。

そこで、賢く節税するにはどうしたらいいかを調べました。

必要な方には、相続の節税対策に強い税理士を
無料にてご紹介させていただきます。


そもそも、相続の対象になるものには、土地、家屋、有期定期金、終身定期金、書画・骨董品、株式、船舶、ヨット、ゴルフ会員権、特許権、著作権、棚卸商品などがあります。


もしも相続する方が1人の場合、

2014年までは、6000万円未満の財産の相続には税金がかかりません。
しかし2015年からは、3600万円を超えると、課税の対象になってしまいます。

3600万円と言うと、持ち家のある方や財産にゆとりのある方なら、
それを超えてしまうことが多いのではないでしょうか?


持ち家を相続する場合の節税対策の例としては、
小規模宅地の特例を利用する方法があります。

一定の要件に当てはまる敷地等については、
一定の面積まで80%または50%の減額を行うという制度です。


また、金融資産が多い方の節税対策の例としては、
1人当たり年間110万円ずつ贈与するというものがあります。

1年間で1人につき110万円までは、税金がかからないことになっています。

ですから、一度に5000万円を相続せずに、
5人の相続人に対して、1年間に100万円ずつ10年かけて贈与すれば、税金がかからなくて済みます。


もちろん、上記のようなことは節税対策の一例であり、
他にも様々なやり方があります。


理解しづらく専門性の高いことなので、
たいていの方は税理士に相談されると思いますが、
どうやら税理士によっても節税対策の力量が異なるようです。


例えば、ある土地と建物の評価額について、

税理士Aさんは8000万円と評価し、

税理士Bさんは4700万円と評価する

というようなケースはよくあることだそうです。


税率が10%と仮定すると、

税理士Aさんに依頼した場合は800万円の相続税を支払い、

税理士Bさんに依頼した場合は470万円の相続税で済むことになります。


どの税理士に依頼するかによって、330万円も税金の支払いに差が出るのなら、税理士選びはものすごく重要なことですよね。


どちらの場合も、不動産鑑定士などを交えて評価しているのだとは思いますが、
そもそも税理士の報酬は、全体の評価額に対する10%というような設定のことが多いです。

ですから、ある土地と建物を4800万円と評価するよりも、8000万円と評価した方が、税理士の利益としては多くなります。


しかしながら、税理士に依頼する側としては、なるべく
支払う税金を抑えられる税理士に依頼したいと思うはずです。


そこで、相続の節税対策に強く、適正な評価をして下さる
税理士先生を調べ上げました。


業務のほとんどを相続の節税対策のために行い、
依頼者からの評判が良い方ばかりです。


私にメッセージをしていただければ、お住まいの地域の近くで、
お勧めの税理士先生を無料にてご紹介させていただきます。


お客様の状況に合わせて、最適な提案をして下さいます。

相続の節税対策が必要な方は、こちらへご連絡下さい。






メールアドレス:shin.ai.ceremony@gmail.com

無料通話:0120-979-516


神愛セレモニー  代表 石山 隼


主の豊かな平安がありますよう、お祈り致します。



*葬儀のご依頼は、24時間ご対応しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Deliciousにブックマーク

投稿者 神愛セレモニー