神愛ブログ

2014年8月23日 土曜日

キリスト教葬儀でのオリジナル会葬礼状の見本(挨拶状) 限定特典あり

キリスト教葬儀でのオリジナル会葬礼状(挨拶状)の見本になります。

名前と日付以外は、実話であり、実際のヒアリングに基づく内容です。


故人様 元・小学校教員 享年80歳の男性 


「実り豊かだった日々を偲んで」


無限の可能性を持つ子供達が、未来へ向かって進む背中を後押しすることに、祖父は生涯を捧げました。
教師として知識を、人生の先輩として生きる知恵を授け、少しばかりお手伝いができたと思いますが、祖父もまた子供達の無邪気で活発な様子に元気をもらっていたでしょう。


与え 与えられる豊かな毎日に、卒業という形でピリオドが打たれても、十数年後に「結婚式に来て下さいよ」と招待されることも しばしば。四十数回もお招きいただき、祖父は教師冥利に尽きる人生を送ることができたと私達家族も嬉しく思っております。


子供が大好きで情けが深く、そして真面目。畳に正座し、机に向かってあれこれ書き留めていた姿も、懐かしい面影です。
心に残った事柄を新聞に投稿し、数日かけて巡ったヨーロッパでの
見聞をまとめ、特別なことはない日も欠かさず日記をつけていた祖父。

別れは惜しまれますが、主の恵みによって生かされた長き歩みを振り返り、心から「お疲れ様」「ありがとう」と伝えます。


祖父 大前 道照は、与えられた地上での歩みを終え、
八十歳にて主によって御許へと召されました。

生前ひとかたならぬご厚情を賜りました皆さまへ、深く感謝申し上げます。本日は、お忙しい中ご参列いただき、誠にありがとうございました。
悲しみを共にして下さる皆様の上にも、主の慰めと平安が豊かにありますようお祈り申し上げます。

略儀ながら書状にて謹んでお礼申し上げます。


喪主 大前 道輝
外  親族一同






会葬礼状や代表者(喪主)の挨拶は、式全体の印象を形づくる大切な要素です。

故人様への想い、思い出に残るエピソード、神さまの恵みなど、故人様とご遺族の大切な記憶や出来事を織り交ぜた、
たった1つだけのオリジナル会葬礼状によって、
良いメモリアルとなるようご協力させていただきます。


この会葬礼状を読み上げることによって、
代表者(喪主)挨拶とすることも可能です。



限定特典


このページからお問い合わせをし、葬儀のご依頼をして下さった方への特典として、オリジナル会葬礼状の原案作成の代行を、無料にて行わせていただきます。


また、関東以外の遠方の方の場合には、
オリジナル会葬礼状の作成代行をお電話のやり取りのみで承ることも可能です。

このページを読んで下さった方への特典として、
通常料金よりも5000円割引特価にて、作成させていただきます。


興味がございましたら、
まずは一度、お電話やメールにてご相談下さい。


キリスト教の葬儀に参加されるすべての方が、
神さまによる慰めを受け、天国への希望を抱けるように、
真心を込めて奉仕させていただきます。



心よりお待ちしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Deliciousにブックマーク

投稿者 神愛セレモニー