神愛ブログ

2013年2月14日 木曜日

告別式で歌われる賛美歌 ~いつくしみ深き~


キリスト教の葬儀・告別式でよく歌われる賛美歌をシェアさせて
いただきます。


「いつくしみ深き」

               作詞/Josepf M. Scriven 
               作曲/Charles Crozat Converse 
               訳詞/日本基督教団讃美歌編集委員会







「いつくしみ深き」は、愛する人を失って嘆き悲しんでいる私たちを

憐れみ、慰めて下さる神さまの愛を歌っている賛美歌です。



イエスさまは今も、私たちにこのように語りかけて下さっています。


「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、
わたしのところに来なさい。

わたしがあなたがたを休ませてあげます。

わたしは心優しく、へりくだっているから、
あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。

そうすればたましいに安らぎが来ます。」


                       (聖書・マタイ11:28,29)



いつも一緒にいた人、慕っていた人と、

たとえ一時的だとしても離れてしまう

嘆き、悲しみ、そして悩みを、神さまに明け渡してみませんか?



私たちが神さまを求めて熱心に祈るとき、

必ず私たちの心に応えて下さいます。



「これはわれらの神の深いあわれみによる。

そのあわれみにより、日の出がいと高き所からわれらを訪れ、

暗黒と死の陰にすわる者たちを照らし、

われらの足を平和の道に導く。」


                       (聖書・ルカ1:78,79)



いつくしみ深いイエスさまがあなたのもとを訪れ、

神さまの豊かな平安で満たして下さるように、お祈り致します。



God loves you.☆



このエントリーをはてなブックマークに追加
Deliciousにブックマーク

投稿者 神愛セレモニー