神愛ブログ

2012年4月30日 月曜日

神さまによる慰め ~グリーフ・ケア~ (神愛セレモニー)


私がカウンセリングのスクールに通っていたとき、ある統計を知りました。

それは、幼少期に親を亡くした子どもが、大人になってから精神障碍を発症させるケースがものすごく多いというものです。


例えば、小学生のときに突然の事故で父親を亡くした女の子が、その悲しみを適切に対処することができないと、成人してから精神障碍を起こしている確率は7割だそうです。


「死別の悲しみに寄り添いたい。」

このときの統計を知って、そのような気持ちが掻き立てられました。


聖書に、次のような神さまの御ことばがあります。

「喜ぶ者といっしょに喜び、泣く者といっしょに泣きなさい。」
                 (聖書・ローマ12:15)


悲しみ、傷ついている方の心に寄り添うことによって、
少しでも心が慰められたら。

私にできることはわずかでも、
私たちには愛に満ちた神さまが共におられる。

神さまにある慰め、神さまによる救いを伝えたい。


それが、私がキリスト教葬儀を広めていきたいと思うようになった大きなきっかけです。

キリスト教の葬儀には、神さまによる豊かな慰めがあります。


「神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。
こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。
それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです。」
                             (聖書・Ⅱコリント1:4,5)


*グリーフケア、キリスト教     

このエントリーをはてなブックマークに追加
Deliciousにブックマーク

投稿者 神愛セレモニー